TEL LINE

背筋の弱い人やデスクワークの人が是非お試しして欲しい施術法 | 岐阜市の完治実績No.1の接骨院ならこがね町接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > よねもと式骨格矯正,偏頭痛・肩こり治療 > 背筋の弱い人やデスクワークの人が是非お試しして欲しい施術法

背筋の弱い人やデスクワークの人が是非お試しして欲しい施術法

2020.06.01 | Category: よねもと式骨格矯正,偏頭痛・肩こり治療

この間、屈んでものを取ろうとしたときに、「ズキッ」と腰に痛みがきました。普段から、腰には気をつけている方だったのですが、ちょうど前屈みになった時に背筋が痛くなってしまいました。私はデスクワークなので運動不足もあるのですが、あれから、薬局で買ったコルセットを巻いて極力気をつけています。

最近は腰の痛みにばかり、気を取られるので仕事に集中できず、ストレスが溜まって嫌になります。

 

腰の痛みって、急にきますからね。家事をするのも、靴を履くのも、トイレに座るのも、ロボットみたいにしないと腰が痛くなってしまいますからね。忙しい時に限って痛くなって、一つ一つの動きがゆっくりになってしまいますから焦ってしまいますよね。

デスクワークの方になぜ腰痛の方が多いのでしょうか?なぜ背筋からの腰痛が起きているのでしょうか?

 

 

背筋の弱い人やデスクワークの人が腰痛になってしまう理由

デスクワークの方に特に多いのが、前屈腰痛(椎間板腰痛)と言ったタイプの腰痛です。

特徴として、

  • 前屈腰痛は、背骨の椎骨と椎骨の間にある「椎間板」に問題がある
  • 物を拾うなど前かがみになったときに、椎間板が圧迫されて痛みが出る
  • 背筋が弱い人に起きやすく、猫背や前かがみになりがちなデスクワークの人にも多い
  • この腰痛は、揉みほぐしても良くならないのが特徴

 

その痛みの原因は、デスクワークなどで同じ姿勢になる習慣がある方に、多く見られる傾向でしょう。専門家のアドバイスを受けて対処が必要です。運動不足は骨を支える筋力ダウンが進んでしまいます。痛みが悪化しますので、まずは軽い筋トレなどを定期的に行い、筋力アップすると良いと思います。

 

ところがそれだけでは、前屈腰痛は解消されない人がいます。定期的に気がついたときにストレッチをしたりお風呂上りに筋トレをして背筋を鍛えようと頑張っていても、なかなか結果に繋がらないと言う人がいます。なぜならそのような背筋の弱い人やデスクワークの多い人にとって、その運動すらきつい場合があるからです。

そんな方のために…

 

 

背筋の弱い人やデスクワークの人が是非お試しして欲しい施術法

 

あなたのその腰痛の原因は脳に対する痛みの信号です。

この信号によって痛みを感じているのです。

ところが、必要以上に痛みの信号を出している場合があります。

 

つまり、この信号を止めてあげる必要があるのです。

 

ところが整体やカイロプラクティックではこの信号を止めることができません。

 

その信号を止めることが、こがね町接骨院では行う事が出来ます。

 

 

その方法は、

よねもと式骨格矯正です。

 

 

よねもと式骨格矯正とは、頸椎1(アトラス)の矯正を可能にしている矯正法です。

 

痛みに対して即効性が得られ、歪みを正常に戻すことで体質改善を図ります。

 

頸椎の1(アトラス)の矯正を行う事は専門の知識が必要となります。

 

頸椎の1(アトラス)の矯正を行う事でその他の不調にも良い兆しが出てきます。

 

よねもと式骨格矯正とは?

(リンク参照)

https://koganemachi.com/ydkokkakukyosei

 

よねもと式骨格矯正によって、

あなたの腰痛の原因がわかり、解決のお手伝いになる事でしょう。

ぜひ一度ご連絡くださいませ。

 

心よりお待ちしております。

 

こがね町接骨院 よねもとがずはる

 

お問い合わせ

058-267-5050

500-8175 岐阜市長住町3丁目7番地 長住麗芳ビル1 Link