TEL

天気痛とは? | 岐阜市の完治実績No.1の接骨院ならこがね町接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 天気痛・気象病療法 > 天気痛とは?

天気痛とは?

2020.05.19 | Category: 天気痛・気象病療法

天気痛とはいったいなに?

天気や気圧の変化の影響を受けておきたり、悪化したりする痛みが「天気痛」です。天気痛の痛みは、もともと慢性的に持っている痛みです。

《代表的な疾患》

代表的な疾患として以下のものが挙げられます。

・片頭痛
・緊張型頭痛
・めまい
・耳鳴り
・眠気
・抑うつ

そして
天気痛とは自律神経の働きが関係しています。
大昔、人間は狩りをして暮していました。
気圧の変化をキャッチして、雨が降る日を予測できることは、生きていくためには、とても重要な能力だったと考えられます。

例えば雨が降る日は、家族みんなと洞窟でジッとして、晴れる日を待っていたほうが、雨の中を歩き回るより、生きていくためには得策だったです。

そのため、雨が近づくと、体がだるくなったり、眠たくなったりして、『明日はどうやら雨になりそうだから、家にいよう』と、本能的に活動を抑え、命を守る行動をとっていたのかもしれません。
実は天気痛の患者さんは、圧倒的に女性のほうが多いのですが、女性のほうが自然への感受性が強いからかもしれません。

ではなぜ気圧の変化で、天気痛が起こるのでしょうか?

《気圧の変化で、天気痛が起きる理由》

天気痛のメカニズムには、自律神経が関わっています。
自律神経には、
・交感神経
・副交感神経

の2種類があります。

それぞれの働きとしては、
交感神経→心と体を活動的な方向へ促す神経
副交感神経→心と体をリラックスした状態へ促す神経

といったものです。
この2つの神経のバランスがとれていることと、
人間にとってはベストな状態といえるでしょう。

しかし、なんらかのストレスがかかってしまうと、交感神経が優位になります。
ストレスというと、一般的には不安や緊張といった、心理的ストレスを思い浮かべるかもしれません。
ですが、気圧や気温の変化も物理的(環境)なストレスといえます。

《交感神経が優位になる事でおきる反応》

交感神経が優位になると
・血管が収縮する
・血行が悪くなる
・酸素や栄養が不足する
・痛みを起こす物質が出る

この物質には、血管を収縮させる作用がありますから、さらに血行が悪化して、痛みが起こる。

という悪循環に陥ってしまいます。

たとえば、血行不良が原因で緊張型頭痛が起きたとします。
それによって、肩こり、首こりが連作的に起こっている場合もあります。

さらに、内耳の血行不良でむくみが生じることで、
・めまい
・耳鳴り

などが、引き起こされたりします。

自律神経が乱れることで、さまざまな症状が複合的に出ることも多いのです。

天気痛の改善方法はまた次回に!

こがね町接骨院
058-267-5050
https://koganemachi.com/
こがね町🔍